カーテンで省エネ・節電商品

住宅において屋外から室内に入ってくる熱エネルギーのうち、約7割が窓などの開口部から入ってくるそうです。室温の上昇を抑えるためには、窓から入ってくる熱エネルギーを室内に入れない「遮熱」が重要です。

遮熱レース 

遮熱ブラインド 

遮熱ガラスフィルム

窓からの太陽熱を妨げることで、冷房効果を高めてくれる機能をもったカーテン。生地の裏面に、ナノ単位のステンレス薄膜をコーティングし、赤外線や紫外線をカットします。

遮熱レースカーテン: 

窓からの太陽熱を妨げることで、冷房効果を高めてくれる機能をもったカーテン。生地の裏面に、ナノ単位のステンレス薄膜をコーティングし、赤外線や紫外線をカットします。

遮熱レースカーテンの特徴

1. 太陽光線による熱(赤外線)をカット、冷房効果を高めることで省エネに貢献します

2. 日差しをカット、まぶしさを防止します

3. 紫外線にも効果があるので、床や家具などの変色、退色を最小限に食い止めます

4. 日中、室内からの視界を妨げず、外からの視線をカットします

遮光カーテン施工例

 

遮熱ブラインド:

一般的にホワイトなど薄い色は光を反射しやすく、黒やグレーといった濃い色は光を吸収しやすい性質があります。遮熱コートのブラインドは、カラーの中で高い反射性能を持つホワイトと同様の性質を持つ塗料をコーティングした遮熱性能の高いスラットです。

ブラインドカーテン施工例

 

遮熱ガラスフィルム:

遮熱フィルムで赤外線を遮蔽し、室温の上昇を抑え空調効率UP。エアコンの設定温度を上げても室内の快適性を保てます。

その他、ガラスフィルムには、いろいろな機能があります。
安全(飛散防止):地震などの災害対策に、ガラスが割れても破片が飛び散りにくい
UVカット:紫外線を99%以上カット。家具や床、展示商品の日焼けを低減する効果がある。
防虫効果:夜間の飛来昆虫を低減する効果がある。
目隠し効果:外からの視野を遮り、室内を見えにくくする効果がある。

遮熱ガラスフィルム施工例

 

関連記事

  1. カーテン・プリーツスクリーン・ロールスクリーン取付

  2. カーテンの形状安定加工

  3. 富里市K様邸にてカーテン・カスタマイズブラインド・ピクチャー…